バレないコンシーラー使いを覚えると、最強になるよって話

シミができたら隠せばいいじゃん!

って、簡単に言われても、どうやって隠せばいいか全然わかんない。

だって、メイクでシミを隠すなんてこと僕にできるわけないし、だいたい、メイクって女性のものでしょ??って、思っているそこのあなた。

今は、男も堂々とメイクをする時代。

周りに何を言われようと、シミが隠したいならメイクしちゃえばいいじゃん!

って、そんなに簡単に割り切れるもんじゃないですよね・・・

僕も、最初はメイクにすごく抵抗感があったからよくわかります。

でも、気になるシミをすぐに消したいなら、メイク以外の方法はありません。シミをキレイに隠すために、バレないメイクを覚えちゃいましょう。

バレないコンシーラー使いを覚えると、最強になるよって話

バレないコンシーラー使い1つ目のポイントとは?

コンシーラーはファンデーションの仲間。

スティックタイプとか、ペンシルタイプとか、簡単に使えそうなアイテムに見えるけど、実は、とっても奥深いんです。

どんなところが奥深いかというと、コンシーラーは、水分を沢山含んでないため、メイク下手な人が使うと乾燥してすぐにヨレます。

すると、メイクはすぐバレます・・・

じゃあ、水分量の多いコンシーラーを選べばいいんじゃない?って思われるかもですが、水分量の多いコンシーラーだと、今度はカバー力が弱いんですね。

バレないコンシーラーメイクを目指すなら、ほどよい硬さで、ほどよい水分量を含むコンシーラーを選ぶことが大切。

オススメは、スティックタイプのコンシーラーです。

これが、バレないコンシーラーメイクを完成させる1つ目のポイントです。

バレないコンシーラー使い2つ目のポイントとは?

ドラマの俳優さんって、メイクしてるってご存知ですか?

カメラ映りをよくするために、みなさんファンデーションをしっかりぬってます。でも、中には、肌の色に合ってないファンデーションをぬってる俳優さんがたまにいます。

メイクさん大丈夫ぅ???

って、逆に心配になったりしますが、肌の色とファンデーションの色がズレてるとメイクはバレバレ。

なので、コンシーラーを選ぶ時は、あなたの肌色に合ったものを選びましょう。

オススメは、あなたの肌色よりワントーン明るめのイエローベージュ系の色。イエローベージュは、一見目立ちそうな気がしますが、シミを上手に隠して、肌をキレイに見せてくれる効果大。

騙されたと思って、試してみてくださいね。

バレないコンシーラー使い3つ目のポイントとは?

メンズメイクの一番の強敵は、皮脂です。

ファンデーションって、その性質上皮脂ですぐ溶けちゃうんですね。なので、皮脂を徹底的にブロックすることがメイクを成功させる秘訣。

皮脂コントロールに有力なアイテムは、

  • メイク下地
  • フェイスパウダー

の2つ。

メイク下地は、女性に大人気のソフィーナの下地が断然オススメ。

フェイスパウダーは、コンシーラーの色を邪魔せず、厚塗りにならない無色タイプを選びましょう。

あとは、練習を重ねるのみ!バレないメイクは、一日にしてならず!

コンシーラー、化粧下地、フェイスパウダーが準備できたら、早速、メイクの練習をしてみましょう。

メイクの手順はこちら↓

  1. 肌を化粧水などで整える。
  2. 化粧下地(UV効果あり)をぬる。
  3. 肌の表面が乾いたら、コンシーラーを薄くぬる。
  4. フェイスパウダーを薄くぬる。
  5. 3と4の手順を、2、3回くり返す。
  6. 最後に、フェイスパウダーで仕上げる。

メイクの練習を繰り返すうちに、どのくらいの量をぬればいいかの加減がわかってくるので、シミを上手に隠せるまでとにかく練習してみてくださいね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です